2021年07月03日

【2021年度大会(研究発表)】7月3日(土)13:00-15:05詳報

※2021年度総会は5月に開催しましたので今大会は研究発表と特別講演のみです。
※オンラインで、形の文化会会員のみ聴講可能です。
※入会ご希望の方は事務局までお問い合わせください。

【2021年度大会(研究発表)】
日時:7月3日(土)13時00分〜15時05分(延長あり)

〇研究報告

・13時00分〜13時05分 山口義久会長挨拶

・13時05分〜13時35分 白雲飛氏(大阪府立大学客員研究員)
論題:「蚕神としての馬鳴菩薩の確立」

・13時35分〜14時05分 宮永美知代氏(東京芸術大学助教)
論題:「他者へのバイアスを超える美術―現代の科学的知見と異人の造形表現」

〇大会特別講演

・14時05分〜15時05分 能勢伊勢雄氏(写真家・美術展企画)
演題「ゲーテ形態学とその系譜」
(概要)
ゲーテの根底にある身体で感じる「身の丈の科学」とは何か?? それは身体感覚を用いて表現するアートの分野にとって、最も重要な認識である。学際的発表ではなく、アート作品の実作過程を通して具体的にゲーテ的形態を捉え、形態の背後にあるシュタイナー的認識にまで話が拡張できればと思います。
posted by 形の文化会 at 03:16| 東京 ☁| 2021年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

【2021年度大会(研究発表)】7月3日(土)13:00-16:30

前の記事に続き、この記事では2021年度大会についてご案内いたします。

【大会(研究発表)】
日時:2021年7月3日(土)13:00-16:30(予定)
場所:zoom URLは当日開会前にメーリングリストでお知らせします
特別講演:能勢伊勢雄氏(2021.05.23追記)
※特別講演に関する詳細は改めて別記事で続報いたします。

下記の通り、研究発表を募集いたしますので奮ってご応募ください。
※発表は発表者がインターネットに接続したパソコンでプレゼンテーション資料
を共有提示しながら解説する方式です。
発表時間:1 人 30 分(発表 20 分、質疑応答 10 分)
発表募集締め切り:6月13日(日)
申し込み方法:「発表題目・氏名・所属先・内容(200字)」を事務局メールアドレス宛にお送り下さい。
※メールをご使用でない方は当日必着で形の文化会事務局宛にFAXまたはご郵送ください。

ーーーーーーー

以上
5月6日(2021.05.23追記)
形の文化会会長 山口義久
事務局長 井上尚之
総務 粟野由美
posted by 形の文化会 at 19:18| 東京 ☁| 2021年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2021年度総会】5月23日(日)18:30-

形の文化会会員の皆様へ

2021年度に入りGWも明けましたが、地域によっては再びの新型肺炎緊急事態宣言
が継続している社会情勢を鑑み、2021年度総会(5/23)、研究発表大会(7/4)
ともオンライン会議サービス(zoom)を使って開催することと相成りました。
会員の皆様それぞれのインターネット環境によってはご不便をお願いする場合が
ありますが、何卒、ご了解いただけますようお願い申し上げます。
一方で、オンライン開催には、お住まいの地域から気軽にご参加いただけるとい
う利点がございます。
総会、および大会へのご参加を是非ともご予定ください。
この記事では総会についてご案内いたします。
ーーーーーーー
【総会】
日時:2021年5月23日(日)18:30-20:30(予定)
場所:zoom URLは当日開会前にメーリングリストでお知らせします
※これまでと異なり、日曜夜の開催となります。
※ご欠席の場合は事前に委任状の提出をお願いします。委任状については、別メ
ールで改めてお知らせいたします。
ーーーーーーー

以上
5月6日
形の文化会会長 山口義久
事務局長 井上尚之
総務 粟野由美
posted by 形の文化会 at 19:11| 東京 ☁| 2021年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

形の文化研究13号発行

形の文化研究13号を会員の皆様へ発送いたしました。

非会員の方、あるいは会員の方の追加ご要望ございましたら一部500円にて頒布いたします。
形の文化会事務局までお問い合わせください。

・・・・・・・・・・

『形の文化研究13号
特集「危機を戦う者たちのバウハウス──1919−2019」

1.浅葉克己.デザインは死なない──バウハウス創立100周年

2.向井周太郎.バウハウス──<生>の全体性への問

3.金子務.『バウハウスの人たち』を読む──書評としてのバウハウス

4.粟野由美.桑沢デザイン研究所にてバウハウスの意思を共有する意義──桑澤洋子のデザイン活動における意識改革

5.前田富士男.デザインの使命と造形芸術の失権──バウハウス100年にみるパラドクスと<例外状態>

6.山根千明.ヴァイマル・バウハウスの「プロパガンダ」作品── ルートヴィヒ・ヒルシュフェルト=マック《色光運動》(1932年)

・・・・・・・・・・
7.小出真理.17世紀初頭における風流踊装束と初期歌舞伎装束 

8.森 覚.明治15年の草双子『開花地獄論』──啓蒙主義と仏教

9. 特別講演記録 
河野道房.泉壑松風──山水画における樹木の意味と形

・・・・・・・・・・
posted by 形の文化会 at 00:00| 東京 ☁| 2021年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする