2018年05月09日

2018年度総会・大会詳報

今回の大会は、南京町誕生150年で沸いている神戸にある神戸山手大学を会場に、「装身具の形」をテーマに開催いたします。
今回は3名の研究発表と、小磯学氏(神戸山手大学現代社会学部観光学科教授)による特別講演「南アジアにおける赤メノウ(紅玉髄)の装身具」を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。
会員以外の方も、ぜひお誘いください。
また、終了後は神戸山手大学近隣にて研究発表者、特別講演者を囲んでの懇親会を予定しております。
親睦・交流の場としてご参集ください。

形の文化会
会長 山口義久
事務局長 中村治
世話人 井上尚之
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2018年5月12日(土)13:00-17:30(11:00-13:00幹事会、18:00-懇親会)
会場:神戸山手大学 3号館211号室(幹事会212号室)
   兵庫県神戸市中央区中山手通6−5−2
   (最寄駅JR元町駅、阪神元町駅、山手幹線地下鉄県庁前駅、いずれも西口/生田文化会館・相楽園向い)

<プログラム>
入場受付 12:30-
総  会 13:00-13:25
大  会 13:25-13:30 会長挨拶 山口義久
研究発表(発表25分+質疑応答10分)
13:30-14:05「「桑(そう)」と名付けられた理由 ―『周禮』『捜神記』を手掛かりに―」白雲飛(大阪府立大学客員研究員) 
14:10-14:45「深さから遠さへ:仏壇屋におけるエスノグラフィからの仏教空間の造形の考察」片桐尉晶((有)片桐仏壇店 アトリエピアノ代表) 
14:50-15:25「富裕都市芦屋のごみ収集巨大真空ポンプ〜ごみ収集車は無用」井上尚之(神戸山手大学教授)
15:25-15:30 休憩
15:30-17:00 特別講演
       「南アジアにおける赤メノウ(紅玉髄)の装身具」
        小磯学 氏(神戸山手大学現代社会学部観光学科教授)
       ※小磯学氏プロフィールは一つ前のブログ記事をご参照ください。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

posted by 形の文化会 at 07:54| 東京 ☔| 2018年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

2018年度大会は5月12日(土)神戸山手大学にて

5月12日(土)に神戸山手大学にて形の文化会2018年度大会を開催します。
詳細は追ってお知らせいたします。


テーマ:「装身具の形」

特別講演者:神戸山手大学観光学科教授 小磯学氏

●プロフィール:
1960年生まれ。東海大学文学部史学科考古学課程卒業(近藤英夫先生に師事)後、インドのプーナ大学デカン・カレッジ考古学部M.A.課程とPh.D.課程(シンデ先生に師事)、立教大学文学研究科(小西正捷先生に師事)で学ぶ。インド・パキスタンでインダス文明遺跡の発掘・研究に従事した後、南アジアの衣食住などの研究に着手。ここ数年はインド北東部のナガランド州で、伝統的な首飾りと祭りや観光との関係について調査を継続中。2007年より神戸夙川学院大学観光文化学部観光文化学科、2015年より神戸山手大学現代社会学部観光文化学科で教鞭を執る。

●講演内容:

 インド西部の紅玉髄(赤瑪瑙、カーネリアン)の産出地は、世界でも有数の品質を誇ることで知られている。今日に至るまで数千年前から採掘され、職人らが主に手による加工によってビーズなどの装身具に仕上げてきた。ただし今日では、ダイアモンドやサファイアなどの「貴石」に対して紅玉髄はグレードの低い「準貴石」の扱いとなり、急速にその文化的な価値を失いつつある。
紅玉髄製装身具の製作と使用の歴史と現状、そして観光とも関わる今後の可能性について概観する。

(キーワード:インダス文明 紅玉髄〔carnelian〕製ビーズ 工芸 交易 民族集団ナガ ナガランド州 正装と祭り)


●タイムスケジュール:

13:00〜13:30…総会

13:30〜15:30…研究発表

15:30〜17:00…特別講演:小磯学氏

17:00〜17:15…質疑応答

●参加費 1,000円
posted by 形の文化会 at 22:35| 東京 ☀| 2018年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする