2022年10月19日

第75回形の文化会フォーラム2022年10月30日(日)

形の文化会第75回フォーラムを下記の通り開催します。
会員の皆様にはメーリングリストにてzoom URLをお知らせします。

日時: 2022年10月30日 14:00 -
司会:粟野由美 (総合司会:井上尚之)
14:00〜14:05:山口会長挨拶

14:05〜14:35:研究発表1 佐々木 樹 氏(情報科学芸術大学院大学産業文化研究センター研究員)
「視覚言語制作のオルタナティブを考える ──個人的イメージの差異にもとづく新しい言語制作の可能性」

14:35〜15:05:研究発表2 清水浩子 氏(大正大学綜合仏教研究所客員研究員)
「曼珠沙華は彼岸 ──花が持つ文化的な意味(1)」

15:05〜15:35:研究発表3 白雲飛 氏(大阪公立大学客員研究員)
「曼珠沙華は彼岸 ──花が持つ文化的な意味(2)」

15:35〜15:40:休憩

15:40〜16:25:特別講演 大杉浩司 氏(岡本太郎記念館主任研究員)
演題:「岡本太郎のかたち」
概要:ながらく主任研究員として、芸術家・岡本太郎の遺したものの収集・整理、研究に取り組んできた大杉氏から、近年発見された太郎のパリ時代の作品から始まる形象表現と縄文の形への眼差しから考察する「岡本太郎のかたち」についてお話しいただきます。

16時25分〜17時00分:総合討論
17時00分:閉会の辞 中村副会長



posted by 形の文化会 at 00:00| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 2022年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック