2017年02月18日

岡傍会による内田繁追悼呈茶のご案内

2014年12月に八王子セミナーハウスで開催した形の文化会フォーラムにて茶会を担当してくださった茶同人・岡傍会が、国立近代美術館工芸館で開催中の「近代工芸と茶の湯II」展最終日に、この展覧会に三つの茶室(受庵、想庵、行庵)を展示している内田繁先生の追悼呈茶会を開催するとのことで、形の文化会ニュースでもご案内いたします。

詳しくは下記、工芸館サイトをご覧ください。
http://www.momat.go.jp/cg/teicha_2017/

上記サイトの内容を転載しておきます。
ーーーーーーーーーー(http://www.momat.go.jp/cg/teicha_2017/)ーーーーーーー
「内田繁 追悼呈茶」 近代工芸と茶の湯U展関連イベント

昨年11月に亡くなったインテリアデザイナーの内田繁氏を偲び、「近代工芸と茶の湯U」展最終日、工芸館にて茶会を開催します。

※呈茶は、茶室ではなく、内田氏デザインの立礼卓にて行います。

日時:2017年2月19日(日) 10:30〜15:30

場所:東京国立近代美術館工芸館 二階休憩室

参加費:無料(但し、要整理券・観覧券)

定員:60名(先着順・整理券制)

主催:東京国立近代美術館、内田デザイン研究所「岡傍会」

参加ご希望の方は、2月19日(日)10:00より、工芸館受付にて配布の整理券を取得してください。

・整理券は午前券(10:30〜13:00)、午後券(13:00〜15:30)をそれぞれ30枚ずつ用意しています。
・午前券、午後券ともに10:00から先着順で配布します。なくなり次第受付終了。
・電話での事前予約、および、当日受付状況の照会などの対応は予定しておりません。

ーーーーーーーーーー(http://www.momat.go.jp/cg/teicha_2017/)ーーーーーーー
posted by 形の文化会 at 13:29| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 2016年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447115802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック