2012年02月05日

日本のホログラフィーの発展 ―究極の立体像を目指して日本のホログラフィーの発展 ―究極の立体像を目指して―

三田村o右先生より、12月17日の形の文化会フォーラムでのご講演資料として、書籍『日本のホログラフィーの発展 ―究極の立体像を目指して―』(日本のホログラフィーの歴史編集委員会編、アドコムメディア社、2010、ISBN 4915851419, 9784915851414、3,150円(税150円))のご案内をいただきました。
店頭およびネット販売を行っていませんのでアドコムメディア社出版事業部のサイトからお求めください。
http://opluse.shop-pro.jp/?pid=24903999

日本のホログラフィーの発展.png

日本のホログラフィーの発展 ―究極の立体像を目指して―
日本のホログラフィーの歴史編集委員会編
         目次
1章 HODICの設立、発展の経緯 (1979年-2001年)
2章 黎明期 (1962年-1974年)
3章 研究開発時期 (1975年-1990年)
4章 実用化時期 (1975年-1995年)
5章 新たな研究開発と将来への取り組み(1990年以降)
6章 日本のホログラフィー・アートの展開
7章 ホロ・インタビュー

ーーーーーーーーーーーーーー


posted by 形の文化会 at 13:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250540930
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック