2010年05月24日

2010年春、形の文化会 大会・総会のお知らせ

 ■ 日 時:5月22日(土)10:00〜17:00
 ■ 会 場:大阪府立大学 中之島サテライト 2F教室
 ■ 交 通:地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪電車「淀屋橋」駅
        下車、1号出口から北東へ約350メートル
        地下鉄堺筋線「北浜」駅下車 北西へ約450メートル
 http://www.osakafu-u.ac.jp/lifelong/extension/satellite.html
 ■ 会費: 参加費 1,000 円  懇親会費 5,000 円(予定)
 ■ テーマ: 「世界をめぐる形」
 ■ プログラム:
    10:00〜10:10 会長挨拶 金子 務(大阪府立大学名誉教授)
    10:10〜11:30 形のゼミナール 「日本文化のかたちの謎解き」)
               宮崎 興二(京都大学名誉教授)
    11:30〜12:10 幹事講座 「雲気文と鹿の角」
               大形 徹(大阪府立大学人間社会学部教授)
    12:10〜13:10 昼休み(幹事の方は幹事会にご出席下さい)
    13:10〜14:10 総 会
    14:10〜14:40 研究発表1 「ジョルジョ・デ・キリコ作
                        《ローマの風景》をめぐって」
          市川 直子(大阪府立大学人間文化学研究科OD)
    14:45〜15:15 研究発表2 「フォーヴィズムと自動車
         -二〇世紀初頭における速度機械による視覚の変容-」
            秋丸 知貴(日図デザイン博物館 学芸員)
    15:30〜17:00 特別講演 「しんかい6500 の世界
         -世界をリードする日本の海洋底研究-」
     前川 寛和氏(大阪府立大学理学系研究科教授・研究科長)
    司 会:中村 治(大阪府立大学人間社会学部教授)
    17:0030〜 懇 親 会 (会場未定:淀屋橋周辺)
 ■ 特別講演者プロフィール:
    前川 寛和氏:東京大学理学部ご出身、東京大学博士
         (理学系研究科 地質学)、
        神戸大学助教授を経て1998 年大阪府立大学
        総合科学部教授。2005 年より同大学大学院
        理学系研究科教授、今年1月より同研究科
        研究科長。地球科学、変成岩岩石学を専門とし、
        『しんかい6500』などの深海調査船による海洋底
        調査に従事して、着々と成果を重ねる。
---------------------
posted by 形の文化会 at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック