2009年05月21日

2009形の文化会大会

2009形の文化会大会のご案内です。

 ■ 日 時:009年5月23日(土) 午前10時〜午後5時10分
                  (予定/終了後懇親会あり)
 ■ 参加費:1,000円(懇親会は別途実費…5000円程度を予定)
 ■ テーマ:「形のもの語り」
 ■ 概要:形にまつわる文化はさまざまな作品を生み出して
       きましたが、それと同時にさまざまな物語をつむ
       いできました。形の文化研究は、形の背景にある
       ものや歴史に眼を向けることによって奥行きの深
       いものになると思われます。今回の大会は、文教
       大学教授の中川 素子さんの講演をはじめ、興味
       深いテーマが並ぶ、充実したラインナップになり
       ました。多数の皆様のご参加をお待ちいたします。
 ■ プログラム:
   会長挨拶 (10:00〜10:10)
       金子 務(大阪府立大学名誉教授)
   研究発表1 (午前10:10〜10:35)
    「こどものための鑑賞プログラム─美術館での実践事例より」
       橋本 まゆ(前・青森県立美術館エデュケーター)
   研究発表2 (午前10:40〜11:05)
    「ジョアン・ミロのモティーフ研究」
       小川 かい(静岡アートギャラリー 学芸員)
   研究発表3 (午前11:10〜11:35)
    「オホーツク海沿岸における毒文化の形」
       一戸 良行(日本大学元教授)
   研究発表4 (午前11:40〜12:05)
    「すべらしパズルの『箱入り娘』と『柵囲いの牛』」
       清水 達雄
   昼休み (午後0:05〜2:00)
   研究発表5 (午後2:00〜2:25)
    「やかんや急須の注ぎ口と象の鼻」
       大形 徹(大阪府立大学人間社会学部教授)
   研究発表6(午後2:30〜2:55)
    「中央アジアの石刻絵画の解析と保存の試み」
       高木隆司、鳥脇純一郎、水野慎士、出原立子、
       柳沢 究、柏原牧人
  特別研究(午後3:00〜3:50)
     「メディア・アートの展開」
       三田村 o右(帝京平成大学教授)
  特別講演(午後4:00〜5:10)
    「妊娠の美術史」
       中川 素子(文教大学教授)
  司 会…小町谷 朝生(文星芸術大学教授)
  懇 親 会(午後5時30分〜)
 ■ 会 場:共立女子短期大学 本館5階
       → アクセス
 ■ 備 考:予約は要りませんので、会場に直接お越し下さい。
----------------------------------------------------------------------------
posted by 形の文化会 at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック