2021年07月03日

【2021年度大会(研究発表)】7月3日(土)13:00-15:05詳報

※2021年度総会は5月に開催しましたので今大会は研究発表と特別講演のみです。
※オンラインで、形の文化会会員のみ聴講可能です。
※入会ご希望の方は事務局までお問い合わせください。

【2021年度大会(研究発表)】
日時:7月3日(土)13時00分〜15時05分(延長あり)

〇研究報告

・13時00分〜13時05分 山口義久会長挨拶

・13時05分〜13時35分 白雲飛氏(大阪府立大学客員研究員)
論題:「蚕神としての馬鳴菩薩の確立」

・13時35分〜14時05分 宮永美知代氏(東京芸術大学助教)
論題:「他者へのバイアスを超える美術―現代の科学的知見と異人の造形表現」

〇大会特別講演

・14時05分〜15時05分 能勢伊勢雄氏(写真家・美術展企画)
演題「ゲーテ形態学とその系譜」
(概要)
ゲーテの根底にある身体で感じる「身の丈の科学」とは何か?? それは身体感覚を用いて表現するアートの分野にとって、最も重要な認識である。学際的発表ではなく、アート作品の実作過程を通して具体的にゲーテ的形態を捉え、形態の背後にあるシュタイナー的認識にまで話が拡張できればと思います。


posted by 形の文化会 at 03:16| 東京 ☁| 2021年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。