2015年06月26日

第62回フォーラム(北海道)のご案内/テーマ「風土とかたち」

形の文化会第62回フォーラム(北海道)のご案内
テーマ「風土とかたち」
平成27年6月吉日

会員の皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。
今回のフォーラムは、さわやかな初夏の北海道において、北海道歴史文化研究会との共催で、「風土とかたち」をテーマに開催いたします。生態系も歴史も日本の他地域とは異なる北海道では、かたちと文化の現れも異なってきます。今回は、初日は、札幌市の北海道大学において、3件の研究発表に加え、北海道の特殊事情をふまえてのユニークな港湾をデザインしてこられた港湾技術者の西村陽一さん(富士サルベージ(株))に特別公演をしていただきます。2日目は、歴史を活用したまちづくりが行われている小樽市で、小樽運河周辺の近代建築と港湾施設の見学会を行います。
 皆様のご参加をお待ちしております。会員以外の方も、ぜひお誘いください。
 なお、1日目の研究発表会終了後、懇親会を予定しております。親睦・交流の場としてご参集下さいますようお願いいたします。
形の文化会 会長 山口義久
事務局長 中村 治
世話人 片桐尉晶

≪記≫
日時  2015年6月27日(土)14:00〜17:30
        6月28日(日)9:00〜12:00
会場  1日目 北海道大学古河記念講堂 1階 101号室
    2日目 小樽市(JR小樽駅改札口前集合)
参加費 1日目 1,000円、学生、ポスドク無料(懇親会費 5,000円程度)
    2日目 無料(交通費などは各自負担)

プログラム
司会進行 片桐尉晶
1日目 研究発表会(北海道大学古河記念講堂)
13:30〜    受付開始
14:00〜14:10 会長挨拶 山口義久
14:10〜14:40 研究発表1「彼らは何と踊っているのか?:社交ダンスにおける踊り手と演奏者」
            井上淳生(北海道大学大学院文学研究科博士課程)
14:40〜15:10 研究発表2「舞踊譜から見る意識の『カタ』チ」
            門田昌大(札幌市役所)
15:10〜15:40 研究発表3「社会の外側へむかう風土:先住民の造景から近代北海道の造園土木へ」
            片桐尉晶((有)片桐仏壇店 アトリエピアノ)
15:40〜15:50 休憩
15:50〜17:20 特別公演
「砂浜海岸における漁港のかたち〜ワイングラス型島式漁港〜」
西村陽一氏(富士サルベージ(株)常務取締役、札幌支店長)
(特別講演者のプロフィールと講演概要は次ページ参照)

懇親会 18:00〜20:30
    18:00から【杉浦康平のマンダラ造本宇宙】展見学(グランビスタギャラリー・サッポロ)後、
    札幌グランドホテル内「ノーザンテラスダイナー」にて懇親会を開催します。

2日目 小樽の歴史建造物見学
9:00 JR小樽駅改札口前に集合
 前田隆護(おたる案内人・陶芸家)が案内する徒歩見学
12:00 解散
   (解散後、自由参加で昼食を企画しております。小樽の歴史的建造物を利用したレストランです。こちらもご参加下さい)

特別講演者プロフィール
西村陽一氏:
1951年9月夕張市生まれ。1969年岩見沢農業高等学校農業土木科卒業。
北海道開発局釧路開発建設部を経て北海道庁勤務(釧路土木現業所、
土木部港湾課、水産部漁港課、水産林務部水産経営課長を最後に退職)。
現在は、2010年5月から函館に本社のある株式会社富士サルベージに
常務取締役・札幌支店長として勤務。


北海道大学古河記念講堂へのアクセス

JR札幌駅から古河記念講堂(フォーラム会場)への行き方:徒歩約10分
・JR札幌駅西口を出る
・北大通りを北へ向かう
・ヨドバシカメラから約200m北へ進んで、進行方向の左側にある北大正門を入る
・歩道の右側を道なりに約200m進むと、右手に白壁で2階建の洋館・古河記念講堂が見える
posted by 形の文化会 at 17:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

【杉浦康平のマンダラ造本宇宙】展@グランビスタギャラリー・サッポロ、サッポログランドホテル

皆様、札幌合同フォーラム、いよいよ来週末と迫ってきました。
特別講演や小樽エキスカーションへのご関心に加えて、会場となる北海道大学近隣の、札幌グランドホテル内ギャラリーにて形の文化会編集+工作舍発行『形の文化誌』(全10巻)のアートディレクター・杉浦康平先生の展覧会が開催されておりますので、あわせてご案内申し上げます。
なお、内田デザイン研究所様、札幌グランドホテル様より、6月28日(日)、「形の文化会+北海道歴史文化研究会 札幌合同フォーラム」参加者の皆様へのギャラリートークをいただけるとのご配慮をいただきましたので、小樽エキスカーションの帰り、グランビスタギャラリー見学ご希望の方は形の文化会幹事・粟野(awano@zokei.ac.jp)までご連絡ください。

◎グランビスタギャラリー・サッポロ 2周年記念展
【マンダラ発光 杉浦康平のマンダラ造本宇宙】
開催日:2015年6月4日(木)〜7月21日(火)
時間:11:00〜19:00
※2015年7月21日(火)のみ 17:00まで
場所:1階ロビー「グランビスタギャラリー サッポロ」(http://www.grand1934.com/access/
入場:無料
主催:株式会社グランビスタ ホテル&リゾート、札幌グランドホテル
テキスト協力:臼田捷治
展示協力:神戸芸術工科大学/平凡社/綜合デザイン/MODULEX/杉浦康平プラスアイズ

http://www.grand1934.com/gallery/art/sugiura_201506.html
(次の画像は上記URL:グランビスタギャラリー・サッポロ様のウエブサイトよりお借りいたしました)

poster.jpg

ph02.jpg
posted by 形の文化会 at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月27日札幌合同フォーラムご案内

形の文化会+北海道歴史文化研究会 札幌合同フォーラム
テーマ:風土とかたち
2015年6月27日(土)14:00〜
北海道大学古河講堂にて

◎研究発表会
【特別講演】「砂浜海岸における漁港のかたち〜ワイングラス型島式漁港〜」
西村陽一氏((株)富士サルベージ常務)
参加費¥1,000(学生、PD無料)
2015年6月28日(日) 9:00〜12:00

◎エクスカーション
【小樽の歴史建造物見学】
案内:前田隆護氏(小樽あんない人、陶芸家)

◎形の文化会とは
「かたち」の人類思想上における意義を確認するとともに、その伝統的保存・創造的発展を期するため、関連領域の研究者、芸術家、技能保存者などが一堂に会して、文 化における「かたち」に関する学際的、広域的、創造的対話を図る学会である。

参考文献
形の文化会(編)(1993-2004)『形の文化誌』No. 1-10. 工作舎。
形の文化会(編)(2011)『図説 にほんのかたちをよむ事典』、工作舎。

お問い合わせ:
nakamura@hs.osakafu-u.ac.jp 大阪府立大学中 村研究室内、形の文化会事務局
Atelierpiano@gmail.com  片桐尉晶(かたぎ りやすあき)
posted by 形の文化会 at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

札幌フォーラムのポスター

来たる6月27日、28日に開催いたします札幌フォーラムのポスターが出来上がりました。
皆様、是非、お誘い合わせのうえ、ご参集ください。

形の文化会札幌フォーラム.jpg

pdfもご活用ください。

形の文化会札幌フォーラム.pdf
posted by 形の文化会 at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする