2019年02月21日

3月9日、第70回フォーラム(京都)「文化と観光のカタチ」

形の文化会第70回フォーラム(京都)のご案内
テーマ「文化と観光のカタチ」
平成31年2月吉日


寒い日が続きますが、光に春の気配も感じられるようになってきました。会員の皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。
今回のフォーラムは70回を記念し、国際文化政策研究教育学会との共催で「文化と観光のカタチ」をテーマに開催いたします。形の文化会から2名、国際文化政策研究教育学会から1名の研究発表と、池上惇氏による特別講演「地域コミュニティ・デザインによる生命・生活の蘇生――人生と観光との狭間で」のあと、池上氏と当会役員山口義久氏との対談「文化と観光のカタチ」を予定しています。
皆様のご参加をお待ちしております。会員以外の方も、ぜひお誘いあわせください。なお、終了後、懇親会を予定しております。親睦・交流の場としてご参集下さいますようお願いいたします。
形の文化会 会長 前田富士男
事務局長 中村 治
世話人 冨澤・倉橋


≪記≫


日時  2019年3月9日(土)13:40〜17:10(終了後、懇親会あり)
会場  市民大学院(文化政策まちづくり大学校)
京都府京都市下京区高辻通室町西入ル繁昌町290番地
旧成徳中学校2階
(阪急京都線「烏丸駅」、京都市営地下鉄「四条駅」(南・仏光寺出口)下車徒歩5分)
地図→https://goo.gl/maps/zT1S7hi2xAM2
参加費 1,000円、(懇親会費 5,000円程度)

プログラム

11:30〜13:30 本 会 幹 事 会 
13:10 開場(受付開始)

◆フォーラム(以下、敬称略)
13:40〜13:45 会長挨拶 前田富士男

・研究発表 (発表25分+質疑応答10分)
@ 13:45〜14:20
「形を捨てて色を選んだアイビー――小学校でのプログラミング教育による観光発信」
倉橋弘美(株式会社アペイロン代表取締役・京都女子大学講師)

A 14:20〜14:55
「16世紀における芸能装束――初期歌舞伎図を中心に」
小出真理子(湘北短期大学講師)

B14:55〜15:30
「文化と観光の形〜白川郷・五箇山を例に〜」
古池嘉和(国際文化政策研究教育学会会員・名古屋学院大学教授)

15:30〜15:40 休憩

・特別講演
15:40〜16:40
「地域コミュニティ・デザインによる生命・生活の蘇生――人生と観光との狭間で」
池上惇(国際文化政策研究教育学会会長・京都大学名誉教授)

・対談「文化と観光のカタチ」
16:40〜17:10
池上惇×山口義久(宝塚大学副学長)

・閉会の挨拶
 冨澤公子(国際文化政策研究教育学会会員、市民大学院講師)

 ◆懇親会 17:30〜19:30 会場:創作料理とおすし 希味

ーーーーーーーーーーー
特別講演者プロフィール
池上 惇:
1933年大阪市生まれ。京都大学名誉教授、京都大学博士(経済学)。福井県立大学名誉教授、京都橘大学名誉教授、一般社団法人文化政策・まちづくり大学校代表理事、文化政策・まちづくり大学院大学設立準備委員会代表者、国際文化政策研究教育学会会長、日本財政学会顧問、文化経済学(日本)顧問、文化政策学会(日本)顧問。
京大時代に、社会人大学院、現代経済学専攻を建設し社会人大学院教育を推進。日本の高学歴社会化を生かした文化経済学など諸分野の博士号取得者の増加、学術界の基盤拡充に尽力し、現在も、ボランティアとして、各地の在野知識人、経営者、勤労者などの対面教育研究による学術人育成に貢献している。
2012年教育研究で瑞宝中綬章受賞。専門は文化経済学、財政学、現代経済学。人間発達の経済学・固有価値論の研究、各地の文化経済の実態調査を行い、各地の再生・発展を推進するネットワークを構築。
主要著書は『現代資本主義財政論』(有斐閣)、『現代資本主義経済の基礎理論』(世界思想社)、その他多数。
ーーーーーーーーーーー
posted by 形の文化会 at 00:51| 東京 ☁| 2018年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

中川素子著「スポーツするえほん」

2020年、東京オリンピックまであと何日、というカウトダウン看板を見かけますね。
2013年秋に「TOKYO」に決定してから様々な準備が様々にはじまり、過ぎてみればあっという間の5年半。
2018年秋から始まったボランティア募集も締め切られ、いよいよ前年となる2019年の幕開けです。

今回は、中川素子先生の次なるご著書をご紹介します。
「スポーツするえほん」(中川素子著、岩波書店、2019年)が1月29日に発行されました。

スポーツするえほん.jpg

画像は岩波書店のページからお借りしています。
紹介文や目次は下記でご覧ください。

https://www.iwanami.co.jp/book/b431801.html
posted by 形の文化会 at 01:27| 東京 ☁| Comment(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

NHKカルチャーラジオ・芸術その魅力「『バウハウス』と20世紀デザイン」三井秀樹名誉会員

平成最後の、という枕詞がすべからくつくなか、平成最後の新年を迎えました。

今年、平成31年は2019年、1919年にドイツのワイマールでバウハウスが開校してから100年めとなります。

形の文化会関係者からも、バウハウス関連の言論に関わる情報をいくつかお寄せいただいております。

新年最初の話題は、元会長・名誉会員・三井秀樹先生によるラジオ番組のご紹介です。

NHKカルチャーラジオ・芸術その魅力「『バウハウス』と20世紀デザイン」(三井秀樹先生)は、2019年1月2日より4月3日までの12週にわたり、毎週水曜午後8時30分〜 午後9時00分、NHKラジオ第2にて、放送されます。

http://www4.nhk.or.jp/P1928/5/

最終回のテーマ「クールジャパンと文化芸術立国日本」は、以前、形の文化会フォーラムにてご発表いただいたタイトルに通じ、改めてお話を伺えるのがたのしみです。

ラジオ番組なのでビジュアル広報がなく、関連図書として「美の構成学」(三井秀樹著、中央公論新社、1996)を掲載します。
図版は中央公論新社サイトからお借りしました。

美の構成学.jpg
posted by 形の文化会 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

エッカート・ノイマン『バウハウスの人々──回想と告白』

年が開けると2019年。
1919年にドイツのワイマールでバウハウスが開校してから100年め、ちょうど1世紀が経った節目の年であります。
形の文化会関係者からも、バウハウス関連の言論に関わる情報をいくつかお寄せいただいております。

はじめに、2018年12月14日にみすず書房から発行されたばかりの、形の文化会名誉会員・向井周太郎先生らの訳によるエッカート・ノイマン『バウハウスの人々──回想と告白』(向井周太郎・相沢千加子・山下仁訳、みすず書房)を紹介いたします。

バウハウスの人々.jpg

みすず書房さんのウエブサイトから、画像をお借りしました。
紹介文や目次リストも掲載されておりますので、下記サイトをご覧ください。

https://www.msz.co.jp/book/detail/08722.html

posted by 形の文化会 at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

『スタシスさんの スポーツ仮面』中川素子・文

形の文化会会員・中川素子先生の新著が出版されましたのでお知らせします。

(岩崎書店・書籍紹介ページより引用 http://www.iwasakishoten.co.jp/book/b378944.html

『スタシスさんの スポーツ仮面』
スタシス・エイドリゲーヴィチュス・絵
中川素子・文

現代アーティストがスポーツをテーマに表現したイラストと、その種目をイメージした文によるとてもユニークなスポーツ紹介の絵本

sports_kamen.jpg

ISBN 9784265830633
判型・ページ数 A4変・32ページ
定価 本体1,800円+税

ーーーーー 内容紹介 ーーーーー
リトアニアを代表する現代アーティストが、スポーツをテーマに表現したイラストと、その種目をイメージした文のコラボによるとてもユニークなスポーツ紹介の絵本。
見開き構成で15項目を紹介。

一般に、スポーツへの入り口は、身近な人がやっていたり、学校の体育だったり、テレビ観戦だったりしますが、多くの人は、1つ1つの種目について具体的ことは案外知りません。
この絵本の目的は、漠然と知ったような気になっていた「スポーツ種目」を改めて知ること、そこから改めて興味を持ってもらうことにあります。

1見開き1項目の種目解説などとてもぜいたくな用語事典でもある、ノンフィクションの絵本です。
posted by 形の文化会 at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

次回フォーラムは2019年3月9日(土)京都で開催

次回、第70回フォーラムは2019年3月9日(土)、京都で開催予します。
会員の皆様、近日中に研究発表募集のご案内をお知らししますので、ご予定願います。
posted by 形の文化会 at 11:36| 東京 ☀| 2018年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

シンポジウム「ドイツ美術とプロテスタンティズム」

12月8日(土)10:00-18:00、明治学院大学白金校舎にて開催されるシンポジウム「ドイツ美術とプロテスタンティズム」(明治学院大学文学部芸術学科・明治学院大学言語文化研究所・ドイツ語圏美術史研究連絡網主催)にて、形の文化会会長・前田富士男先生(中部大学客員教授)が「20世紀美術のモダニズムとエキュメニズム」のお話をなさいます。
詳細は下記ページでご確認ください。

https://www.meijigakuin.ac.jp/event/archive/2018/2018-11-06.html

posted by 形の文化会 at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学会誌「形の文化研究12号」準備中

学会誌「形の文化研究12号」は2019年3月発行を予定しています。
posted by 形の文化会 at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | 形の文化研究(学会誌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

形の文化会第 69 回フォーラム(秋田)ご報告

去る11月17日(土)-18日(日)、「秋田の文化とかたち」をテーマに秋田大学にて形の文化会第 69 回フォーラム(秋田)を開催しました。
posted by 形の文化会 at 00:46| 東京 ☀| 2018年度の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

『かしこいのは だあれ?』中川素子・文

形の文化会会員・中川素子先生の新著が出版されましたのでお知らせします。

『かしこいのは だあれ?』
バーサンスレンボロルマー・絵
中川素子・文

kashikoinohadare.jpg

ISBN 9784097268048
判型/頁 B5判よこ/32頁
定価本体 1400円+税

(小学館・書籍紹介ページより引用 https://www.shogakukan.co.jp/books/09726804

ーーーーー(内容紹介) ーーーーー

大切なことをこどもに伝えたい絵本シリーズ
昔むかし、おしゃかさまが小さな鳥のシャコだったときのお話しです。
ヒマラヤのやまおくに、大きなベンガルぼだいじゅがありました。その木陰に、ぞうと、サルと、小さなシャコが住んでいました。力持ちのぞうは、みんなのために大きなものを運んだり、身軽なサルは、木に登って、危険を知らせたり、もの知りなシャコは、暮らしに役立つ話をして、3匹は、お互いに助け合って仲良く暮らしていたのです。
ところが、ある日、つまらないことで、ケンカをはじめました。
そして、だれがいちばんもの知りで賢いか、言い争いになってしまいました。
どうやったら、だれが賢いのかわかるのでしょうか?
3匹は仲直りできるのでしょうか?

ジャータカ物語とは、おしゃかさまの前世の物語です。おしゃかさまは、前世で動物など様々な生を受け、善行を積んできたから、偉大な仏になったと信じられています。そして、このジャータカ物語は、仏教の教えだけにとどまらず、人間としてのあり方が、寓話性豊かに語られているところから、イソップ、グリムなど世界の説話文学に影響を与えています。
posted by 形の文化会 at 00:00| 東京 ☀| 会員便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする